92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

2019年本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説『そして、バトンは渡された』が永野芽郁、田中圭、石原さとみなどのキャスト陣で待望の映画化。原作とは一味違う感動映画となっている。10月29日(金)公開。

血のつながっていない親子の愛

7bcd2e717797bddf2ed5e9b9e1cba664 - 92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

4回も苗字が変わった優子

「困った。全然不幸ではないのだ。」という書き出しで始まる同名原作。4回も苗字が変わった優子は、不幸な家庭環境で育った可哀想な子に思われることも多い。だが、血のつながっていない親たちに大きな愛情を注がれて育った優子は、明るくポジティブに生きている。映画では原作の魅力をさらに膨らませ、親たちが命がけでついた嘘とあたたかい秘密がドラマチックに描かれる。先行して行われた一般試写会では鑑賞者の「92.8%が泣いた(ワーナー・ブラザース調べ)」という驚異的な数字となり、日本中が優しい涙に包み込まれ、今年最大の感動が訪れること間違いなしの意欲作だ。
主演の優子を演じたのは永野芽郁。 永野の母が『そして、バトンは渡された』の原作ファンで、実写化したら演じてほしいと言われていたという。 優子の不幸さを感じさせない明るさがイメージにぴったりだ。また田中圭は、優子とは親子であり親友のような絶妙な距離を感じさせる父親・森宮を演じた。そして本作で初めての母親役に挑んだ石原さとみは、目的のためなら手段を選ばない魔性の女・梨花を華やかに演じている。ほかにも、泣き虫な女の子・みぃたんを稲垣来泉、ピアノの才能に溢れ、優子が思いを寄せる早瀬を岡田健史、愛する娘を残して夢を追いかけ海外へ行く水戸を大森南朋、梨花とみぃたんに裕福な暮らしを送らせた泉ヶ原を市村正親が演じた。

また本作は、ピアノが人々を繋いでいく物語でもある。主演の永野は、ピアノに興味はあったものの演奏の経験はなく、ピアノの才能がある早瀬役の岡田は、まったくピアノに触れたことがなかった。撮影が始まる前から練習を重ねたという2人のピアノ演奏シーンにも注目だ。

ba631262c67884751ae0d57a2474f819 - 92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
永野芽郁(優子)
1999年9月24日生まれ、東京都出身。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(2018)ではヒロインに抜擢され、第43回エランドール賞新人賞を受賞。『ひるなかの流星』『帝一の國』『ミックス。』(2017)、『君は月夜に光り輝く』(2019)、『仮面病棟』(2020)、『地獄の花園」『キネマの神様』(2021)などに出演。
「血の繋がりのない親子でも愛の深さを持てるんだ、感じたことのない愛の種類や温かさを知って、人との繋がりは強くなるんだと気づかされました。」と作品の魅力を語る。

瀬尾まいこの原作小説と映画の違い

50877107e489f8d0c1d69b6d1a56f807 1 - 92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
e635bcb2995ee1ba949aa69c7fdb2605 - 92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

映画では2つの家族を並行して描く

本作の原作は2019年に本屋大賞を受賞した同名ベストセラー小説である。予告映像が公開されたときには、原作との違いを感じ取ったファンがざわついた。たしかに原作と異なる設定やストーリー展開はあるが、映画には映画のすばらしさがある。原作は優子と親たちとの関係を穏やかに描いている印象がある一方、映画はよりドラマチックに、感動的な作品となっている。原作ファンもエンターテインメントとして昇華された映画を観て、本作の魅力をぜひ体感してほしい。
本作の監督は『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018)、『老後の資金がありません!』(2021)などを手掛けた前田哲。普遍的な家族の話をどのようにして映画作品として魅力あるものにしていくかという点で、脚本制作は難題だったという。脚本を担当した橋本裕志は、原作が持つエッセンスを揺るがすことなく、映画でどんな仕掛けを用意するのか、監督やプロデューサーと共に熟考を重ねた。映画化における大きな変更点は、2つの物語を中盤まで並行して描いていくことだった。2つの物語が複雑に絡み合って展開することで、愛ゆえの【嘘】と【秘密】は「そういうことだったのか!?」という感動的な驚きとなって返ってくる。

ad92ca624909a129de0fef57cb9c8bef - 92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
a3902fe7537c2951a02a4789dab2572f - 92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
原作者・瀬尾まいこ
1974年生まれ、大阪府出身。大谷女子大学国文学科卒。2001年に「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年単行本「卵の緒」で作家デビュー。2005年「幸福な食卓」で吉川英治文学新人賞を、2009年「戸村飯店 青春100連発」で坪田譲治文学賞を受賞。2019年「そして、バトンは渡された」で本屋大賞を受賞。映画『そして、バトンは渡された』を観た瀬尾は、「とてもドラマチックな映画で、原作を書いたことなどすっかり忘れ、ドキドキしながら夢中で見ていました。出てくる人みんな愛情にあふれ魅力的で、見終えるのがさみしくなりました。素敵な映画にしていただき、ありがとうございました。」とコメントを寄せている。

映画『そして、バトンは渡された』あらすじ

baton main fin 0726 724x1024 - 92.8%が泣いた感動映画『そして、バトンは渡された』原作を見事に昇華
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

「実は、あなたに伝えておかなければいけないことがあります」

血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった森宮優子。わけあって、料理上手な義理の父親・森宮さんと2人暮らしをしている。そんな優子は、幼い頃に聞いたある言葉を信じてきたことで、いつも笑顔を作ってしまうクセがついてしまった。けれど笑顔でいても、将来のこと、恋のこと、友達のこと、うまくいかないことはある。目の前の問題は、卒業式の合唱で伴奏を引き受けてしまったこと。今はピアノを猛特訓中だ。
一方、梨花は、何度も夫を変えながら自由奔放に生きている魔性の女。いつも「みぃみぃ」泣いているみぃたんのママになった梨花は、血の繋がらない娘にめいっぱい愛情を注いで暮らしているようだったが、ある時、突然姿を消してしまった。愛娘を残して……。
ある日、優子の元に届いた一通の手紙をきっかけに、まったく別々の物語が引き寄せられるように交差していく。「優子ちゃん、実はさ…。」森宮さんもまた優子に隠していた秘密があった。森宮さんが隠していたこととは? 梨花はなぜ消えたのか? 2つの家族がつながり、やがて紐解かれる《命をかけた嘘と秘密》。そして、親たちが隠していたこととは一体何なのか…? 物語がクライマックスを迎え、タイトルの本当の意味を知ったとき、極上の驚きと最大の感動がとめどなく押し寄せる──。

『そして、バトンは渡された』

<作品情報>
10月29日(金)全国ロードショー
原作:瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』文春文庫刊
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
出演:永野芽郁 田中圭 岡田健史 稲垣来泉 朝比奈彩 安藤裕子 戸田菜穂 木野花
石原さとみ / 大森南朋 市村正親
インスパイアソング:SHE’S「 Chained 」(ユニバーサル ミュージック)
配給:ワーナー・ブラザース映画

あなたにオススメ