映画情報のあれこれに、世代を越えた名作との出会いもサポートするウェブマガジン。

【Netflix】絶対やりたくない!恐怖のデスゲーム開幕

今回ご紹介する作品はホラー要素もありつつ、ちょいコワのサスペンス『チューズ・オア・ダイ: 恐怖のサバイバルゲーム』。エイサ・バターフィールド出演の本作ですが、グロ過ぎずコワ過ぎない内容なのでサスペンス入門編としてもおすすめです。

北村匠海×黒島結菜出演の映画『明け方の若者たち』

「DISH//」のメンバーであり俳優として大活躍している北村匠海と、今年の4月より放送をスタートした話題の朝ドラ『ちむどんどん』のヒロイン・黒島結菜が出演している映画『明け方の若者たち』をご紹介。 北...

【NETFLIX】し、私用!?個人的に見たい5月配信作品

Netflixの5月配信予定作品から、独断と偏見で勝手にピックアップ。出来れば全部見たい! けれど、全部は見れない…そんな忙しい人にはピッタリかも? 5月は「ストレンジャー・シングス」の最新シーズンもありますしねぇ…。

【ジャニーズ】『真夜中乙女戦争』配信!アマプラで見られるキンプリメンバー出演映画

2022年5月1日より、King & Princeのメンバー・永瀬廉(ながせ れん)が主演を務めた映画『真夜中乙女戦争』が、Amazonプライムビデオで独占配信スタート。そこで今回は、2022年5月現在、Amazonプライムビデオで見られるKing & Princeメンバー出演映画を紹介!

月9ドラマがスクリーンで迎える“集大成”『劇場版ラジエーションハウス』大事にしてきたのはラジハのチームワーク

放射線技師と放射線科医、病を見つけ出すエキスパートたちを描く『ラジエーションハウス』。すべては病に苦しむ患者、そして愛する人のため…というアツい裏方たちの奮闘は、従来の医療モノにはないエモーショナルな展開で、視聴者の心を掴んだ。昨年末に終了したシーズン2も記憶に新しい本シリーズが、月9から舞台をスクリーンに移し、劇場版として集大成を迎える。シリーズ史上最大の危機として今回描かれるのは、ある離島に発生した未知の感染症との闘い。ドラマ視聴者にはおなじみの“ラジハ”メンバー3人に劇場版の魅力を語ってもらった。

戸田奈津子のスターこのひとこと:『カモン カモン』

このコーナーでは、字幕翻訳家の戸田奈津子さんが最新映画のセリフから、「生きた英語」を学ぶヒントをピックアップしていきます。

儚く、美しく、この上なく純粋なラブストーリー

徳川家に生まれた斉道(岡田将生)は、心を病んだ母から愛情を受けることなく育ち、自身も突然癇癪を起こすなど“気の病”と言われ、孤独で退屈な日々を送っていた。ある晩、家臣の瀬田助次郎(小出恵介)が語った故郷に近い瀬田山の天狗の話に興味を持った斉道は、瀬田村へ向かう。一方、瀬田山で育った雷(蒼井優)は、「親父さま」と慕う理右衛門(時任三郎)と自由奔放に暮らしていた。山が乱されないよう、山に入った村人を脅して追い払っていた雷は、村人の間で“天狗”と噂された。 斉道は瀬田村に向かう道中、御用人の榎戸角之進(柄本明)らの制止も聞かず、ひとり山へ馬を走らせる。そこで、斉道は雷と出会う。助次郎に「女の天狗に出会った」と話すと、その天狗は20年前に誘拐された助次郎の妹・遊だと言う。 雷は村へ戻って遊として生きることになり、斉道と遊は再会。美しくも奇妙な巨木“雷桜”の下、 身分の違いなど意識せず、まっすぐな気持ちで斉道に向き合う遊は、斉道にとって、初めて“殿”という立場抜きに話せる存在となった。互いに惹かれあう2人。しかし、周囲がそれを許すはずもない。 そして男は愛する者のため、別れを決意。そのとき女は、命をかけた勝負に出る。

来るGWに備えよ!家族で見るならコレ Netflix映画『アダム&アダム』

もう4月中旬、あっという間にGWが来ますが今年もなんだか怪しそう…。なので、今回は家族で楽しめるNetflix映画『アダム&アダム』をご紹介。親子に友人、恋人とはもちろんソロでもOK。どんなシチュエーションにも突き刺さる本作の魅力をお届け♪

青春は“イタい”くらいがちょうど良い!?続編制作希望のNetflix映画『目指せメタルロード』

「メタル」の知識がなくても問題ナシ! 今回は4月8日から配信中のNetflix映画『目指せメタルロード』をご紹介。恋に友情に喧嘩に誘惑など、いろいろ経験したほうが後になったら面白いかも? 刺激的な音楽にノリつつ、大人にとってはちょっと懐かしい青春の1ページへ!

もう見た?ジョーイ・キング主演のNetflix映画『イン・ビトゥイーン』

4月8日から配信中のNetflix映画『イン・ビトゥイーン』。もう見ました? 亡くなった彼氏の声が聞こえる……え?ホラー作品!?と思うかもですが、ご安心ください。ちょっと切なくも前向きになれる本作の魅力を、主演のジョーイ・キング、そしてカイル・アレンに触れつつご紹介します。

error: 右クリックは禁止しています。