演技もアクションも実力あるマーク・ウォールバーグ主演『マイル22』

アカデミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートされるほど演技の実力があり、なおかつ激しいアクションもお手の物という頼もしい俳優、マーク・ウォールバーグ。
彼が製作も担って、ピーター・バーグ監督と4度目のタッグを組んでおくる『マイル22』は、迫力あるシーンと予測不能な展開に引き込まれるサスペンス・アクションだ。

あらすじ

危険物質の在処を知る青年を空港まで護送せよ!

シルバ率いるCIA機密特殊部隊は、米国郊外の隠れ家に潜伏するロシア連邦保安局の諜報員たちを殺害。
それから16ヵ月後、政情不安定な東南アジアのある国に渡ったシルバたちは、何者かに盗まれた大量の放射性物質セシウムを見つけ出そうとしていた。
そんな中、セシウムの場所を知る青年が大使館に出頭し、情報提供と引き換えに亡命を要求する。
シルバたちは青年の出国を阻む者たちと戦いながら、空港までの護送任務に挑むことに!
果たして彼らの命運は…?

信頼感ある監督&主演による“Wバーグ”作品

ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』に続き、本作でも仕事を共にしたマーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督の信頼が伝わってくるドッシリとした安定感ある“Wバーグ”作品。
『ローン・サバイバー』では肉体改造までしたマーク・ウォールバーグが本格アクションを披露し、実録映画に定評のあるピーター・バーグ監督がリアリティある演出で魅せる。

大使館から空港までの22マイルの任務を描く

国家を揺るがすほどの危険物質が盗まれ、タイトルにあるように大使館から空港までの22マイル(約35.4キロ)の間、マーク・ウォールバーグ演じる主人公がミッションを遂行。
この特殊部隊による危険な護送任務を、市街地での壮絶な銃撃戦や格闘を混じえて描き、予測不能な展開で見るものを引き込んでいく。
共演は大ヒット・ドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』のローレン・コーハン、『RED レッド』シリーズのジョン・マルコビッチら。

あなたにオススメ