名作トリビュート:「ライ麦畑でつかまえて」編
©2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED

閉塞感にもがくこの季節を乗り切るために、ぴったりな映画を紹介。こんな時こそ、誰もが一度は経験した衝動的な思いに突き動かされた“あの日”を思い出してほしい。困ったときには後ろを振り返ってみることも大切、そして目の前の壁を打ち破ろう。

ライ麦畑で出会ったら

明日はきっと、今日よりはマシさ。たぶんね。

青春小説の金字塔として、世代を超えて愛されているJ.D.サリンジャー著「ライ麦畑でつかまえて」。「ライ麦畑で出会ったら」は、この不朽の名作と出会った青年の成長ストーリーだ。主人公・ジェイミーには『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でも注目された若手俳優アレックス・ウルフ。一方、謎に包まれた伝説の作家サリンジャー役には、『アダプテーション』の名優クリス・クーパーがキャスティングされた。

衝動的な思いこそが人生を変える第一歩

1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。学校一冴えない高校生のジェイミーは、周囲ともなじめない孤独な生活を送っていた。そんなある日、若者のバイブルだった「ライ麦畑でつかまえて」に感銘を受け、演劇として脚色することを思いつく。しかし、舞台化には作者であるJ.D.サリンジャーの許可が必要だと知る。ジェイミーは隠遁生活をするサリンジャーを探して旅に出ることを決意。新たな一歩を踏み出したジェイミーの人生を変える冒険が始まる。

青春時代ならではの甘酸っぱさとほろ苦さ

ジェームズ・サドウィズ監督の実体験を基に描かれた「ライ麦畑で出会ったら」。実体験故に青春時代ならではの甘酸っぱさとほろ苦さはリアリティに富み、幅広い層から共感を呼んだ。また、長編監督デビュー作にして海外メディアからも高い評価を獲得。散りばめられた郷愁と爽やかな感動は、大人になり忘れかけていた大切な思いをよみがえらせてくれる青春映画の名編となった。

スターチャンネル2

ライ麦畑で出会ったら
[字]2020年5月18日 25:15~27:00
[字]2020年5月23日 22:45~24:45
※スターチャンネル3で2020年5月13日に吹き替え版を放送

あなたにオススメ