「フランケンシュタイン」100年以上前の初映画化版

ホラー映画の人気キャラクター、フランケンシュタイン。もともとは、フランケンシュタイン博士によって作られた「怪物」ということで特に名前は付けられていませんでしたが、1931年に公開されたホラー映画の古典『フランケンシュタイン』があまりにも有名になってしまったため、モンスターの名前として親しまれるようになりました。

名作に先立つこと20年…失われた初映画化のフィルムが発見

『フランケンシュタイン』はもともと、メアリー・シェリーによって1818年に書かれた怪奇小説です。この13分間のフィルムは1910年に撮影されたもので、映画が発明された1895年からわずかに15年後、これが初めて映画化になるそうです。このフィルムは1970年代に発見されたもので、近年アメリカ議会図書館によって保存・修復されて公開されているものです。 すでに著作権は消滅しており、議会図書館のサイトでは直接動画をダウンロードすることもできます。 https://www.loc.gov/item/2017600664/

発明王・エジソンのスタジオで制作

映画を発明したフランスのリュミエール兄弟とほぼ同時期に映写機を発明していたのはかの有名なアメリカの発明家、トーマス・エジソン。彼の名を冠した「エジソン・スタジオ」は映画発明されて間もないころから劇映画の制作に乗り出し、「最初の物語映画」と呼ばれている『大列車強盗』を1903年に制作。すでに人気小説であった『フランケンシュタイン』もエジソン・スタジオによって初めての映画化となりました。

独創的なモンスター・デザイン

フランケンシュタインの怪物といえば、あのおでこが広くて首にネジが刺さっているおなじみの風貌をイメージする方がほとんどだと思いますが、あれは1931年にユニバーサル映画が再映画化した際に初めて考案されたものです。フランケンシュタインの怪物を演じた大男の俳優・ボリス・カーロフは怪物役が一番の当たり役となり、あの特徴的なデザインが世界中で定着しました。では1910年のエジソン・スタジオ版のデザインはというと、パッと見ただけではただ汚い格好をした人にしか見えないのですが、これはこれで細かい設定が込められているようです。四角いおでこのデザインだけはどちらにも共通しているのが面白いですね。怪物の誕生場面では、大きな釜に博士が魔法をかけているような描写もあり、現在のイメージと異なる場面がかえって印象的なものになっています。

あなたにオススメ